シートマスクの間違った使い方

美容成分高濃度配合のシートマスクも使い方を間違えると乾燥肌を悪化させます。

 

シートマスクの正しい使い方と乾燥肌を改善する方法を紹介します。

 

 

お手頃に保湿ができるシートマスク

 

乾燥が気になる季節には、

 

□毎日使っている。

 

□長い時間つけている

 

という方が多いようですが、シートマスクの使い過ぎ、長時間つけっぱなしは

 

乾燥肌を悪化する恐れがありNGです!

 

ヒアルロン酸、プラセンタ等美肌にいい成分がたっぷりしみ込んだシートマスク。

 

美肌成分を余すことなく肌に浸透させたいと思って、シートマスクを毎日使ったり、長時間つけて起きたくなるのですが、

 

 

毎日使うことで、お肌がふやけて、自らの水分保持機能が低下してしまいます。

 

長時間放置することで、シートマスクが乾燥して、せっかく肌に入れた水分がシートマスクに移ってしまいます。

 

また、長時間つけっぱなしもお肌がふやけて自らの水分保持機能を低下させてしまう恐れがあります。

 

シートマスクをしままま眠ってしまうなんてもってのほか!

 

ひどい乾燥肌になってしまう危険ありますので絶対にやってはいけません!

 

シートマスクの正しい使い方

 

シートマスクは週に1回〜2回

毎日使いたくなりますが、週1〜2回で十分です。使い過ぎは、自らの水分保持機能を低下させます。

 

使用方法を守る

シートパックの使い方は、記載されている方法を守りましょう。高い保湿効果を狙って自分流に使い方をアレンジすると、肌トラブルの原因にもなりますので注意しましょう。

 

長時間つけっぱなしにしない

長くつけていたほうが、お肌が保湿されるような気がしますが、放置することでシートマスクが乾燥してしまい、せっかく肌に入った美容成分が、シートマスクに戻ってしまいます。

 

乾燥肌には効果がない!?

 

週1回だと保湿された気がしません

 

つけっぱなしにしないと潤った感じがしません

 

「記載された方法では、乾燥肌に効果がないから毎日使っているんです。つけっぱなしにしているんです。」

 

このような方は、すでに自らの水分保持機能が低下しています。

 

水分をいくら補っても、乾燥状態は改善されないという場合は、乾燥肌が悪化している可能性があります。

 

ターンオーバーの乱れを整える

 

ターンオーバーの乱れが原因です。

 

ターンオーバーが正常だと角層がキレイにはがれ、新しい各層細胞がつぎつぎ生まれ、水分を保ち、外的刺激からお肌を守ります。

 

ターンオーバーが」乱れると新陳代謝が悪くなって角層ははがれず、肌が固くなってしまっています。
肌がゴワゴワして水分が肌奥に入らなくなっているんですね。

 

ターンオーバーを整えるには、角層細胞の機能を高めて上げることが、シートマスクなどでたっぷり与えてあげることよりも重要です。

 

角層細胞を整えるには、各層細胞にアプローチする保湿化粧品でスキンケアが効果的です。

 

 

≫角層細胞にアプローチして機能を高めるおすすめ化粧品