植物成分オウレンエキスとサクラエキスについて

保湿成分オウレンエキスとサクラエキスを配合したPOLAポーラモイスティシモは、どんなに保湿しても物足りない乾燥肌のための高保湿スキンケア化粧品です。

 

≫POLAポーラモイスティシモ詳細はこちら

 

オウレンエキスとサクラエキスが水分を保持できない各層細胞の機能低下に働いて、機能が低下した各層を修復し、うるおいを導く働きをするそうです。

 

オウレンエキスもサクラエキスも植物エキスなので敏感肌にも安心安全な成分です。

 

乾燥肌に効果がありそうなのはわかるけど、これら成分が一体どんな働きをする成分なのかイマイチわからない!?調べてみました!

 

オウレンエキス

 

【効果効能】
消炎作用、抗菌作用

 

オウレンは、日本各地の山地樹林下の湿った日陰に自生する薬草です。

 

黄色く太い根が、黄連(オウレン)という生薬で、漢方薬として、黄連湯、黄連解毒湯、三黄丸、三黄瀉心湯、温清飲などに使われています。

 

 

肌荒れやニキビへの予防のための成分として化粧品、洗顔料、シャンプーなどのスキンケア、ヘアケア製品に広く用いられています。

 

 

サクラエキス

 

【効果効能】
保湿作用、抗炎症作用,肌荒れ防止作用,美白作用

 

サクラエキスとは、桜(サクラ)から抽出したエキスです。

 

保湿効果、抗炎症作用があり、肌の赤味やかゆみを防いでくれます。また、老化の原因である糖化を防いだり、シミ・そばかすの原因とされるメラニンの生成を抑制することによる美白効果も期待されています。

 

 

 

※各層細胞自体の機能低下
肌の一番外側にある0,02ほどの各層は、内部を紫外線や乾燥から守り、うるおいを保つ重要な役割を担っています。各層の状態が乱れ、肌の保護力が落ちるといくら保湿ケアをしてもうるおいはどんどん逃げて行ってしまうのです。